公益社団法人 日本防犯設備協会 CLOSE

防犯設備士が推奨する 必要最低限の住宅防犯

住宅の防犯対策の考え方は、最初に物理的防御で対処し、対処できない脆弱な部分については、防犯性能の高い建物部品(CP部品)等の防犯設備で補完するのが基本です。しかし、大多数の既存住宅では、構造上及び価格などの問題も出てくるのが実情です。
この状況を踏まえ、技術部会施工基準委員会では、広く防犯意識を高めるために防犯対策の「必要最低限」に主眼を置き、防犯設備を使用した対策の基本となる「検知」「報知・通報」「対応」を軸に、無人状態の住宅防犯に特化した小冊子を作成しました。
既存住宅の防犯対策に対し、防犯設備士が「もっと身近で」「もっと効率的な」ご提案をし、広く防犯意識の向上につなげられれば幸いです。
画像をクリックして
閲覧することができます。
Internet Explorer6.0 以降、Adobe Reader 8.0以降 をご利用ください。
Internet Explorer等 のポップアップブロック解除が必要です。
希望される防犯設備士、地域関連協会には無料で差し上げます。部数に限りがありますので、多数の場合は事務局にご相談ください。
<お問合せ>
〒105-0013 東京都港区浜松町1-12-4(第二長谷川ビル)
公益社団法人 日本防犯設備協会 事務局
(TEL:03-3431-7301 FAX:03-3431-7304 e-mail:info@ssaj.or.jp
ページトップへ
copyright (C) 2006 JAPAN SECURITY SYSTEMS ASSOCIATION.