公益社団法人 日本防犯設備協会 HOME 個人情報保護ポリシー サイトマップ お問い合わせ
施設セキュリティのご紹介
オフィスセキュリティ
マンションセキュリティ
工場セキュリティ
防犯設備機器のご紹介
カギとガラス
侵入を知らせる機器
防犯警報音の普及促進
出入りをチェックする機器
防犯対策ガイド
ホームセキュリティガイド
その他の防犯対策ガイド類
関連リンク
会員会社
警察庁
関連団体
統計データ
刑法犯犯罪認知件数と検挙率
住宅を対象とした侵入犯罪関連データ
防犯設備推定市場の推移
ダウンロードサービス
防犯警報音ダウンロード
防犯図記号ダウンロード
会員ダウンロード
金融機関等防犯カメラシステムの設計基準・解説
防犯優良マンション認定事業
防犯設備士 Certified Security System Expert

防犯設備士 受験者募集のご案内 認定試験 養成講習 受講・受験申込
年間スケジュール 事前提出レポート 住所・勤務先変更届 メールマガジン配信申込
メールアドレス変更 資格者証再交付申請 資格更新手続きのご案内

認定試験 養成講習
防犯設備士資格認定養成講座・認定試験開催計画

受験資格
つぎのいずれかに該当する方となります。

協会の実施する試験前日、当日の防犯設備士養成講習を修了した方
(なお、講習内容はテキスト本編の復習を役割としています)
ページトップへ

試験科目
基礎試験と応用試験の2区分で行います。(いずれもマークシート方式ペーパーテスト)
知識試験
(70分)
防犯の基礎知識、防犯建物部品の基礎知識、防犯設備の構造及び機能の知識、
電気の基礎知識
技能試験
(80分)
防犯設備設計の技能、防犯設備の名称及び用途等の識別、防犯設備の施工、
防犯設備の保守方法、関係法令
ページトップへ

受験・受講手数料
1.当協会会員
(1) 受験料 10,800円(消費税込み)
(2) 受講料 27,000円(消費税込み) 
合 計 37,800円(消費税込み)

2.当協会会員以外
(1) 受験料 10,800円(消費税込み)
(2) 受講料 32,400円(消費税込み)
合 計 43,200円(消費税込み)

3.再受験時(当協会会員、当協会会員以外共通)
再受験の条件:初回を含む3回目まで、ただし2年以内
(1)受験料 10,800円(消費税込み)のみで受講・受験できます。
※再受験の方にも養成講習からの参加をお奨めします。

4.注意事項
受験受講のために提出された書類及び受験受講料等は当協会に責ある場合を除きお返しいたしません。
ページトップへ

お知らせ
政府は、平成8年9月20日付け閣議決定により「公益法人に対する検査等の委託等に関する基準」で法令に基づくもの以外の資格等で、大臣認定等の称号の使用を制限する処置を平成13年3月末までに完了させる方針とした。
この方針に従い、公益社団法人 日本防犯設備協会の実施している「防犯設備士」資格についても公益社団法人 日本防犯設備協会が国家公安委員会から事業認定を受け実施していたものが、平成13年4月以降協会の自主事業として実施しておりますのでお知らせいたします。
なお、資格取得後、住所変更等された方は速やかに公益社団法人 日本防犯設備協会へご連絡ください。防犯設備士通信のお届けができません。
住所変更届け
ページトップへ
copyright (C) 2006 JAPAN SECURITY SYSTEMS ASSOCIATION.