公益社団法人 日本防犯設備協会 CLOSE

特別セミナー案内及び申込について

【第19回 特別セミナーのご案内】
今回の特別セミナーでは、今年、1月に警察庁より「ネットワークカメラに関するセキュリティ対策の徹底について」当協会に連絡文書が出されました。それを受け当協会ではRBSS認定メーカーを中心にセイキュリティ対策の推進をしてまいりました。インターネットに接続されている防犯カメラや防犯設備はIoTの世界ではその一端末であり、サイバー攻撃の踏み台とされる可能性があります。そこで今回は「広がるIoTのサイバーセキュリティ対策を考える」をテーマに3つの講演を予定しております。

講演1「サイバー攻撃から組織と事業を守るために取り組むこと」

株式会社ラック サイバー・グリッド研究所長 兼 チーフエバンジェリスト
(元内閣サイバーセキュリティセンター 参事官補佐)

川口 洋 氏

講演2「IoTセキュリティ脅威の事例と対策」

トレンドマイクロ株式会社 プロジェクトマネジメントオフィス
上級サイバークライムアナリスト

平原 伸昭 氏

講演3「防犯カメラネットワークシステム構築について」

公益社団法人日本防犯設備協会  顧問、RBSS委員会委員長

三澤 賢洋 氏


参加申込について

参 加 費 会員・防犯設備士・総合防犯設備士・地域協会:無料
一般:1,000円/人 (お支払は当日会場でお願いします)
参加申込方法 受講希望の方は参加費(無料/有料)に係らず、申込書にご記入の上、当協会あてに
FAXあるいはE-mailで平成28年10月3日(月)までにお申し込みください。

参加いただける方へ

今後益々広がるIoTでは、サイバーセキュリティ対策が重要になってきますが、多くの方が認識することが重要と考えております。製造、販売、サービスに携われておられる方のみならず、皆様方のお客様にもご案内いただければと思います。

copyright (C) 2006 JAPAN SECURITY SYSTEMS ASSOCIATION.